Happyutブログ!

クイズが好きです。クイズに出るような情報をまとめています

二十世紀梨は十九世紀に作られた

   

20世紀梨

梨の品種といえば二十世紀梨を想像する人も多いと思います。

国内生産量第三位を誇り、日本人に愛される和梨です。

実はこの二十世紀梨は十九世紀に発見されたものなのです。

1888年、千葉県に住む13歳の少年がゴミ捨て場に自生していた梨を偶然にも発見。

それが新種の梨だったのです。

当時は「新太白」と名づけましたが、10年後の1898年に。「少年よ、大志を抱け」で有名なクラーク博士の教え子である渡瀬寅次郎が「二十世紀梨」に改名しました。

「数年後には二十一世紀になる。二十一世紀で梨の王様となるだろう」という願望を込めて命名されたのでした。

時は過ぎて、二十一世紀になった現代でも改名はされていません。

もし改名しようと思っても。「二十一世紀梨」という同じ読みの梨がすでに登録されているため、種苗法の定めによって改名することは不可能なのです。

 - ブログ記事