Happyutブログ!

クイズが好きです。クイズに出るような情報をまとめています

コカコーラのコカの意味は?

   

コーラを飲んで気分爽快

気分をすっきりさせたい時にはコカ・コーラは最高の飲み物です。

この気分を高揚させるのには何か理由がありのでしょうか。

コカ・コーラの成分から紐解いてみたいと思います。

コカ・コーラ誕生の歴史

1886年の販売開始から130年生の歴史をもつ炭酸飲料。

そのコカ・コーラを作り出してくれた偉大な人はどんな人なのでしょうか。

コカ・コーラを生み出したのは一人の薬剤師であるジョン・ベンバートンです。

ベンバートン博士は、世界で最も気分を爽やかにしてくれる飲み物を発見したのです。それが「コカ・コーラ」です。

しかし、ココ・コーラは薬剤師が発見しただけあってもともと薬だったのです。

最初は風邪薬とかそうゆう薬だったのようです。

ペプシ・コーラも元々は薬でした。

ペプシもペプシンという胃薬からスタートしているのです。

コカ・コーラの中には気分を爽快にしてくれる何が入っているの?

ついつい飲みたくなる中毒性から、麻薬のコカインが入っているとの噂もありますが、それもあながち間違ってはいないのです。

コカコーラは、コカの葉とコーラの実を原材料に使用し、そこに様々な香料やエッセンスを加えて作られたのがココ・コーラです。

コカな葉とはもちろんコカインを製造するための植物です。

コココーラの原料はコカの葉

しかしコカの葉自体には依存症や精神疾患を引き起こす作用はほとんどありません。

むしろ高山病の薬としても使用されている程です。

このコカの葉を高濃度で抽出することで、麻薬のコカインを作ることができます。

この状態のコカが精神異常を引き起こす麻薬となるのです。

しかし驚くことに、コカインが違法になるまでは、コカコーラには微量のコカインが含まれていました。

もちろん現在のコカコーラにはコカインは含まれていません。

材料に使うコーラの実とは、コーラという植物になる実のことです。

コーラの実

この実はコーラ・ナッツと呼ばれ、微量のコカインが含まれています。

タバコなどと同様に、嗜好品として実をかじって楽しんでいる地域もあるようです。

コカ・コーラだけではなく、様々なコーラ飲料はコーラの実をエキスとして原材料と使用しています。

ただし、コーラ飲料でもこのエキスを使用しないで作られている物もあります。

コーラの実のエキスを使用しなければコーラ飲料ではないということではなさそうです。

 

 - ブログ記事