ハッピー・ドリーム・インフォ

幸せな生活を送りましょう!

不思議な世界の物語 NO1

   

村上春樹の小説の世界は本当に不思議な世界。

私も今その世界に入り込んでいるような気がします。

これは、フィクションですが、ノンフィクションに近い様なお話です。

将来、忘れないように自分の日記としても書き留めていきたいと思います。

このお話の場所は、ある下町の100人位の規模の工場です。

私はある偶然で、この工場の社員となりました。

でも、この工場が今までの常識では、考えられない工場なのでした。

これは私が今まで営業一筋で、一部上場のある程度大きな会社から移って来たからなのかもしれませんが

今までの私の常識では考えられない常識が通用する会社なのです。

正に村上春樹の世界に入り込んだようね感じです。

まずは、会社のメンバーの構成が不思議です。

平均入社年齢50歳以上、60歳以上の年金受給者が7割、社員の社歴、学歴、経歴は申し分ないメンバー達。

それに比べて管理職と言われる人は30代のプロパー。

仕事は優秀な経歴の50歳、60代のメンバーが中心に仕事をこなしていく。

それをまとめている人は30代の、高卒プロパー。

これで組織が成り立っている。

本当に不思議ではないですか。

この工場で繰り広げられる物語を書いて行きたいと思います。

 

 - 不思議な世界の物語