Happyutまとめ!口コミ分析

口コミ情報と雑学を中心に情報をまとめています

ハチミツが腐らない理由、でも幼児には注意が必要

   

ハチミツは腐らない

ハチミツは蜜蜂が花から採取した蜜を巣の中で加工したものです。

ハチミツのラベルなどを見てみると、その賞味期限の長さに驚かされます。

ハチミツが長期保存向けの食品であることはわかりますが、ハチミツが腐らないというのは本当なのでしょうか。

食べ物が腐る原因をおさらいしてみましょう。

腐敗は細菌が繁殖することによって起こります。

細菌は食べ物それ自体から繁殖するための栄養を吸収し、細胞分裂を繰り返して大きくなっていくのです。

どんな食べ物にも必ず細菌は含まれています。

当然、ハチミツにも細菌は含まれているのですが、蜂蜜の糖度が高すぎるために、浸透圧の力が働き、細菌から水分を吸収してしまいます。

これによりほぼ全ての細菌が死滅してしまいます。

論理的にはハチミツは一生腐ることがないと言えるのです。

しかしながらたった一つの例外があります。

それは「ボツリヌス菌」と呼ばれる細菌です。

この細菌は悪環境の中に入ると、眠った状態になって自らの防衛力を高め、死亡することを防ぎます。

ボツリヌス菌の持つ毒性は、100度の熱で奪われてしまいますし、人間の体の中に入ったとしても胃酸などの消化器官の働きによって死滅してしまいます。

しかし、消化器官が発達していない乳幼児などにハチミツを与えてしまうと、菌が死にきれず活動を始めてしまい、感染してしまう可能性があります。

その為、乳幼児にはできる限りハチミツを与えないほうがよいのです。

 - 知識・雑学