ハッピー・ドリーム・インフォ

幸せな生活を送りましょう!

髭で悩んでいるのならタバコをやめて禁煙しましょう。

   

髭が濃くなってしまったり、青髭になる原因の一つにタバコがあります。

タバコには様々な有害物質が含まれています。

タバコの煙の中にも、かなり有害物質が含まれています。

含まれている有害物質としては、ヒ素であったり一酸化炭素であったり、トルエンなど健康に重大な悪影響を与える恐れのある化学物質が含まれているのです。

これらの有害物質から皮膚を守る為に髭は生えてきます。

タバコと髭の関係

タバコを吸うと髭が濃くなる理由

タバコを吸うと体内に取り込まれます。

髭の伸びる速さと濃くなる原因には、タバコと大きな因果関係があります。

タバコの煙に含まれる有害物質は体内では分解できないので毛穴から体外に排出しようとして、毛穴が開いてしまう事になります。

また、体毛は毛穴を保護する事にあります。

空気の悪い所では、鼻毛が伸びますが、それと同じ原理で、髭についても空気の悪い環境にいると伸びてしまいます。

また、タバコの多い所にいると、髭が皮膚を保護しようとしてどうしてもヒゲは太くなってしまうのです。

タバコを吸う人本人だけではなく、周りの家族の体毛も濃くしてしまうのです。

もう一つ大きな髭が濃くなる原因が男性ホルモンの分泌量の増加です。

男性ホルモンの分泌量の増加する原因としては、一般的に食生活の乱れ、ストレスや不規則な生活などが言われていますが、原因の一つに「喫煙」もあるのです。

人の身体は、体の外部から有害物質が侵入してくるとその有害物質を排除しようとします。

先程も説明しましたが、タバコにはニコチン、タールなどの有害物質が含まれています。

この有害物質を体外に排出しようとして男性ホルモンがさかんに分泌されるようになります。

男性ホルモンの影響で髭が濃くなることは以前にも説明しましたが、男性ホルモンの増加が原因として髭が濃くなってしまいます。

男性ホルモンが5αリダクターゼと言う物質と結合して髭が濃くなります

ヒゲは単純に男性ホルモンが多くなったからと言って濃くなるわけではありません。

5αリダクターゼという活性酸素と結合する事により髭がこくなるのです。

髭とタバコと男性ホルモン

髭を濃くしない為には、男性ホルモンと5αリダクターゼの結合を抑えてあげれば良いのです。

男性ホルモンと5αリダクターゼの結合を抑える方法

5αリダクターゼの活性を抑える成分は女性ホルモンに近い大豆イソフラボンなどの成分が知られています。

そのような成分を髭が生えるところに充分に与えてあげればいいのです。

ゼロファクターの有効成分

男性コスメの老舗、ゼロファクターから販売されている5αSPローションがお勧めです。

髭剃り後に、十分アフターシェーブローションの代わりに塗って下さい。

3か月位で、髭が細くなり、髭剃りしやすくなり、髭剃り回数も減ってくるでしょう。

しかし、使えば直ぐに髭が薄くなるわけではありませんので、そこだけは勘違いしまいようにしましょうね。

ヒゲが薄くなる!と話題のローションとは?

 - 青髭・濃い髭の悩み