Happyutまとめ!口コミ分析

口コミ情報と雑学を中心に情報をまとめています

飛行機の燃料は灯油

   

飛行機の燃料は灯油

エンジンが止まってしまっては一巻の終わり。

飛行機の燃料は決してトラブルが起こらないように厳選された燃料が使われています。

ガソリンのような不純物が多い燃料ではなく、なんと灯油が使われているというのです。

飛行機には「ケロシン」という燃料を使います。

ケロシンは日本語で灯油の意味。

ストーブで使われる灯油と成分はほぼ同じなのです。

灯油は低温で凍結しにくい上、発熱量が大きいので燃費がいいのです。

高温・高圧で燃料を消費できるので、ガソリンの様に揮発性の高い燃料は必要とされません。

また、ガソリンでは爆発の危険性もあります。

しかし飛行機の飛ぶ上空はマイナス30度以下の世界。

通常の灯油ではさすがに凍りついてしまいます。

そんため、灯油の中の水分を除去し、純度の高い灯油を作り出して使用しています。

それが「ケロシン」なのです。

 - 知識・雑学