Happyutブログ!

クイズが好きです。クイズに出るような情報をまとめています

得意なものを十八番という理由は?

   

カラオケの十八番

カラオケに行ったときに「この曲はわたしの十八番(おはこ)なんだよ」といった会話を耳にする事がありますよね。

この十八番(おはこ)とは、自分の最も得意とすることなどを指しますよね。

でも、得意な曲なら一番でいいとおもいませんか。

この十八番にはどんな由来があるのでしょうか。

得意なものを十八番というのはなぜ?

結論から先に言っちゃいますと、歌舞伎からきています。

歌舞伎家の名門である市川家の七代目市川団十郎が初代団十郎、二代目団十郎、三代目団十郎がそれそれ得意としていた荒事から得意とする18種目を選出し「歌舞伎十八番」として発表したことが由来なのです。

荒事とは、江戸歌舞伎独特の役柄で、非現実的な霊力によって悪役を退治する、歌舞伎における成人男子の役、またその役を演じる役者の事をいいます。

この歌舞伎十八番の演目台本を「おはこ」と言うようになったのは、『歌舞伎十八番』の台本を箱に入れて大切に保管していたことからとする説と、箱の中身を真作と認定する鑑定家の署名を「箱書き」と言い、認定された芸の意味から「おはこ」になったとする説があります。

パソコンでオハコを変換すると「十八番」とでてきますよ。

 - ブログ記事