Happyutブログ!

クイズが好きです。クイズに出るような情報をまとめています

ポン酢の「ポン」の語源は?

   

ポン酢の語源

寒い時期になると自宅で鍋をする機会も増えてくるのではないでしょうか。

そんなお鍋に「ポン酢」をつけて食べる。最高ですね!

醤油味に柑橘系の酸味が加わって、さっぱりとしていて食欲が止まらなくなってしまいます。

しかし、このポン酢、レモンやすだちなのの柑橘系の果実がはいっているのですが、なぜ、レモン酢とか、すだち酢とか言わないのでしょうか。

お鍋を食べていたら疑問を感じてしまい。ポン酢の語源について調べてみました。

ポン酢の語源

鍋にはもちろん、肉料理や魚料理、サラダにも合う万能の調味料が「ポン酢」です。

作り方としては、柑橘系の絞り汁に、酢などを加えて味を調えると「ポン酢」になります。

この「ポン酢」のポンとはいったいどのような意味なのでしょうか?

ポン酢には柑橘類が不可欠です。

柑橘系の「ポンカン」から取って、ポン酢というネーミングになったという説もありますが、これは実は違うのです。

ポン酢にポンカンが使用されることはありません。

ポン酢という言葉はオランダ語の「ポンス」が転じたものとされています。

ポンスとは酒に柑橘類の果実、砂糖、調味料を混ぜたカクテルの事を指します。

語源はヒンドゥー語で「5つ」を意味する「ポンチ」からきています。

ここから次第に柑橘系の絞り汁をポンスと呼ぶようになりました。

ポン酢は、酢を合わせて味を調えることから「ポン酢」となったのです。

一般的にポン酢に和食のイメージが強いのは、ポン酢に醤油を加えた「ポン酢醤油」が最もポピュラーだからなのです。

 - ブログ記事