Happyutブログ!

クイズが好きです。クイズに出るような情報をまとめています

酒の肴の意味、酒のおつまみをなぜどれも「肴」と言うのか

   

酒の肴

酒のおつまみは魚だけではありません。

肉類もあれば豆類もあります。

野菜もありますね。

ありとあらゆる食べ物が酒の肴として食べられています。

これらの酒のおつまみを総称して「肴」と呼びますが、いったい何故なのでしょうか。

そもそも、酒の肴とは食べたものだけを指すのではありませんでした。

酒の席に欠かせないものが歌や踊りであったり、話のネタなども酒の肴とされました。

しかし、それらは日本芸能として独立した道を歩んでいき、肴と呼ばれることはなくなっていきました。

その結果、酒に添える食べ物だけが残り、それを「肴」と呼ばれるようになりました。

昔は「肴」とは書かず「酒菜」と書かれていました。

当時、魚は「うお」と発音するのが一般的でしたが、当時の日本人の酒の肴はもっぱら魚だったことだから、自然と「魚」を「さかな」と呼ぶようになりました。

「菜」とは元々おかずのことを指しており「菜」の他にも「魚」と「肴」という字を当てていました。

このことから「肴」の文字だけで「さかな」と読まれるようになりました。

 

 - ブログ記事