Happyutブログ!

クイズが好きです。クイズに出るような情報をまとめています

消費期限と賞味期限の違いは?

   

正気期限と消費期限の違い

スーパーの食品を買おうとした場合、食べられる目安として期限が書いてあります。

しかし、その書き方には2種類あるのを知っていましたか。

賞味期限と消費期限です。

この2つの表示の意味は同じなのでしょうか。違う意味なのでしょうか。

今まで、気にせずに期限までの食べるようにしていたのですが、心配になってきたので調べてみます。

賞味期限と消費期限の違い

「賞味期限」とは「美味しく食べられる期限」の事を示すようです。

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、美味しく食べられる期限を示しているとの事です。

「賞味期限」は、缶詰、ジュース、スナック菓子、インスタントラーメンなど、5日を超える長期の保存が可能な食品に表示してあります。

「賞味期限」を過ぎても食べられなくなるとは限りません。

ちなみに、かつては「品質保持期限」と表示されていたこともありますが、現在は「賞味期限」に統一されています。

なお、砂糖や塩などの調味料、チューインガム、アイスクリーム類・氷など、特に長期保存が可能なものには「賞味期限」を省略することができます。

一方「消費期限」とは「安心して食べられる期限」です。

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限を示しています。

「消費期限」は、弁当や惣菜、洋生菓子、食肉、低温殺菌牛乳など、概ね5日以内に品質面で著しい品質低下が認められる食品や食材に表示してあります。

「消費期限」を表示した食品は傷みやすいので、期限内に消費する必要があります。

賞味期限と消費期限には明確な違いがあったのですね。

今まで、全く気にしていませんでしたが、おいしく食べれる期間であり食べても問題無い物と、期限に消費する必要のあるものと言う大きな違いがあったのですね。

いままで賞味期限が過ぎていたものは食べずにいたのですが本当にもったいなかったと反省しています。

何事も調べなければいけませんね。

 - ブログ記事